WordPress中級者への道 其の二【管理画面デザイン篇】

ワードプレスを依頼などで沢山作成していると、どれがどのサイトだったかを視覚的に認識したくなります。
そういうときのために、背景色を替えたり、文字色を替えたりしたいわけですが、それも色々と面倒なわけで。

というわけで、簡単に管理画面を自分用にカスタマイズする方法をご紹介します。

管理画面にCSSを適用する

外部CSSを一枚、読み込ませることができれば、あとはどうとでもなるわけですが、それを可能にするシンプルなプラグインが以下。
Add Admin CSS

こちらのプラグイン、ちょっと設定するだけで、CSSが利くようになります。
設定方法は以下で紹介されていたので、ご覧ください。
WordPressの管理画面内のデザインをcssで手軽に変更できるようにするプラグイン・Add Admin CSS – かちびと.net

これを使うのであれば、どこにCSSファイルを置くかが重要になります。
テーマファイルフォルダ内に置けば、後々テーマを変更したときに面倒ですし、置くならばトップディレクトリ辺りですかね。
自分が覚えておける場所であれば、どこでもいいですが、一度設定したら移動しないでいい場所をお薦めしておきます。
ちなみに自分は管理画面用のCSSは、admin.cssで固定しています。

ログインページのロゴ画像の変更

実は、上記のプラグインはログイン後の管理画面にのみ適応されるもので、ログインページは別物です。
というわけで、まずは以下のように下記たしましょう。

functions.php 最後尾に
function admin_css() {
    echo '<link rel="stylesheet" type="text/css" href="'.get_bloginfo("template_directory").'/admin.css">';
}
add_action('login_head', 'admin_css');

説明しますと、ログインのヘッダー部分にさっき作ったadmin.cssを読み込ませるというものです。
これで、ログインの方にもCSSが利くことになりました。

あとは、ファイアーバグ等でCSSの適応箇所を調べながら行けば、それで完成となります。
ちなみに、ログインのロゴを変更したい場合は、以下の箇所にbackgroundを使いましょう。
.login h1 a{ }

依頼されたものを納品するときに便利なプラグイン

ワードプレスでHP作成依頼を受けた場合、左のボタンの多さはやっかいです。
ボタン一つか二つにして、あとは触らせたくないという気持ちはあるでしょう。

なので、まずは管理者以外のユーザーを作り、権限を与えるわけです。
いつも僕が与える権限は編集者ですね。

他の権限でもいいのですが、触れな過ぎても厄介です。
というわけで、次にボタンを隠す作業が必要になります。

というわけで、利用するのが以下のプラグイン。
WP Admin UI Customize – Simple, and easy. Customization for WordPress admin screen Plugin.

日本人の方が作ったようで、かなり便利な造りになってるかと思います。
あまり多くの場所で紹介されていないようですが、日本語での説明画面があったり、色々と便利なのではないでしょうか。

ちなみに、上でやったログイン画面のロゴの変更のためのCSSの適応は、このプラグインを入れることによって、賄えるようです。
ただ、依頼ものでない限り、ここまで管理画面をいじる予定もないですし、自分用であれば、ちょっといじって終わりにしてしまうな、というのはあります。

総括

管理画面のカスタマイズというのは、依頼作成物であればハッタリ、個人製作物であれば、モチベーションといったところです。
平たく言えば、絶対的な必要性はありません。

しかし、これ一つでなんとなく気分が変わる、操作性が上がる等、様々な有益性はあります。
少しでも気に入らないものがあれば、そうやって試行錯誤して、快適さを求めることが、上達への近道になります。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*