はじめてなの・・・Lancers(ランサーズ)でする、自宅DEお仕事!

あまりにも暇で・・・・というのが始めた動機でした。

暇な時間をそのまま垂れ流さず、お金になればそれはそれは、素敵な事ですよねって話で。
そして、それはそれは甘い考えでもありますよねって。

でも、それほどでもなく、意外と甘いっちゃ甘いわけですよ。

なので、これを使ってのお金の稼ぐ流れを紹介致します。

内職紹介サイト


クラウドソーシングサービスとか、ビジネスマッチングサイトとか。
いまいち呼び名が浸透していませんが、要は内職紹介サイトですね。
内職の内容がインターネット関連で少しだけ、洗練されているだけで。

で、僕が知っているそういう系のサイトと言いますと以下の二つ。

ホームページ制作マッチング|さぶみっと!

仕事マーケットプレイス Lancers(ランサーズ)

ここを覗けばわかりますが、あるわあるわの仕事の数々。
その仕事を一つ取れば、おいくら万円かが貰えるわけですよ。
簡単な話ですね。

というわけで、次の項目より、僕がランサーズでやった経緯のようなものを通して内職の流れを紹介します。

仕事の探し方

44

まず、ランサーズのページに行き、ページ上方にある、『仕事をさがす』ボタンを押しましょう。
すると、画像のような画面が表示されますね。

あとはページを順繰り順繰り自分のしたい仕事を探すだけですね。
検索機能を使うとそれなりに便利です。
※検索機能を使う際は、終了分を表示するのチェックは外すようにしましょう。

仕事の選び方

仕事の一覧を見ればわかりますが、目移りするほど沢山あります。

自分の技術で照らし合わせると、やれそうなのはほんの少しになってしまうかもしれませんが、それでもやれなくもない仕事はいくつかあるでしょう。

そこでオススメするのが、コンペ方式の仕事です。
ランサーズには、仕事が大まかに二つに分けられていて、その二つがプロジェクト方式とコンペ方式なわけです。

プロジェクト方式というのは、依頼者とやり取りを含め、納品まで済ますと、報酬が得られます。
コンペ方式は、先に完成品を渡し、他のライバルから自分が選ばれれば、報酬が受けられます。


どっちも良いところも悪いところもありますが、僕がコンペ方式を薦めるのは、以下の理由があります。

依頼者とのやりとりに手間がかかる
これなんですが、仕事をするうえで当たり前なんでしょうが、慣れてないと物凄く負担なんですよ。
で、この不慣れなだけに時間がかかりますし、時間がかかってしまうと報酬の割と言いますか、時給換算するとがっくりするような額まで下がってしまうと。

慣れている人は、プロジェクト方式が確実に稼げますが、初心者というならば、多少の負担は覚悟しましょう。

で、コンペ方式はというと、自分の完成品をまず、提案としてUPし、あとは待つだけ。
単純で心地よいですね。

ただ、選ばれなければ水の泡です。

恐怖に負けてしまう
プロジェクト方式では、自分が選ばれれば、全ての責任が自分にのしかかります。
「デザインはどうか、これで正しいのか?」といったようなプレッシャー。
当たり前ですが、慣れてないとこれでつぶれる可能性といいますか、逃げ出したくなる事もあるでしょう。

結局は、ネットのやり取りなわけですから、逃げ出そうとすれば、簡単ですし、そういった人間もいるでしょう。

なので、だからこそ、自分に自信をつける為にも、選ばれた実績というものが良い糧となり、力となります。
そういった話から、コンペ方式で恐怖を克服しましょう。

もちろん、選ばれなければ一生怖いままです。

時間を上手く使う事が出来る
プロジェクト方式で仕事を受けると、しばらくはそれにつきっきりになります。
それはそれでいいわけなのですが、それ以前に提案の時点で時間の調整をしなければならないわけです。

プロジェクトに三つ四つと提案をした場合、同時にそれらがすべて受け入れられてしまうと、手が回らなくなってしまいます。
そんなに上手く仕事がもらえるわけがないのでしょうが、それでもそうなってしまった時の危険性は高いです。
確実にトラブルが起こるでしょう。

そう考えると、コンペ方式で多く提案をした方がいいのではないか、と思う部分はあります。
全てが水の泡という可能性もありますがね。
1円にもならないなんてことは、どちらの場合もあり得ます。

思い切って飛び込むのが吉でしょう。

僕の個人的なオススメとしては、プロジェクト1にコンペ3という提案ペースが負担なくやっていけるでしょう。

総括

いまいち参考にならないような事を書きましたが、まずは一度、仕事を受けてみる事だと思います。

思ったより厳しかった。
思ったほど、難しくなかった。

そんな感想が出るかと思います。

それによって、その後の仕事の受け方を考えていけばいいのではないでしょうか。

時間を金に換える方法は世の中にごまんとありますが、内職でそれなりの金額が得られるというのは、うれしいものです。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*