EC-CUBEの小技:意外に危険な管理画面の落とし穴の修正

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
ECCUBEを運営した事がある人ならわかると思うのですが、受注管理画面には、落とし穴があります。
これをぱっと直しましょう、ということで、ご紹介。

ポイント値引きが考慮されていない、という危険

受注管理を開くと、上の画像のように受注日、注文番号、お名前、支払い方法、購入金額~~という風に並んでいます。
問題は、この購入金額にあるわけですが。

自分でテスト購入をしてみるとわかるとおもいますが、この購入金額、ポイントによる値引きした金額、即ち、実際に客が支払う金額が表示されていないわけです。

例えば、代引きの注文があったとして、発送の用紙を作っているときに、ここで確認したとして、帳票に出ている金額とは違ってくるわけですね。
しかし、こうして一覧で見られるのは便利だから、ここを利用するのは間違いではないわけです。

商品発送って、それだけ面倒で大変なわけです。

なので、親切心を起こすならば、ここの修正は必須となります。
では、以下。

/data/Smarty/templates/admin/order/index.tpl
351行目付近

<td class="right"><!--{$arrResults[cnt].total|number_format}--></td>
を以下に書き換え
<td class="right"><!--{$arrResults[cnt].payment_total|number_format}--></td>

以上です。
簡単ですが、重要な事だと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください