EC-CUBEをさくらインターネットへインストールする時の注意

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
つい先ほど、知人のレンタルサーバーにEC-CUBE【Ver.2.115】をインストールする事になったのですが、ちょっとつまずいてしまいました。

公式に何も細かい事が書いてるわけでもなく、探すと2009年あたりの記事が多かったので、今では問題など起こらないと思っていた分、対処に戸惑ってしまいました。
わかればなんてことないのですが、確実に同じつまずきをしている人の為に、ご紹介。

ファイル削除に管理画面で一文追加

EC-CUBEのファイルをアップしたものとして、話を進めます。

TOPの画像にあるようなエラーが出ましたら、まずはFTPソフトで、サーバーにアクセス。
そこにある /html/.htaccess ファイルを削除しましょう。

そうすると、インストール画面が表示されるようになります。
開始の2ページ目には、magic_quotes_gpconになっていますというエラーが出ていることでしょう。

このエラーに対しては、コントロールパネルに行き、設定を変える必要があります。
ただ、他のレンタルサーバーはいざ知らず、サクラのコントロールパネルではボタン一つで、とはいきません。
というわけで、以下の手順を行って下さい。

さくらインターネットサーバーコントロールパネル>PHP設定の編集 より
真ん中の記入枠に以下を書き入れて『保存する』ボタン。(画像参照)
magic_quotes_gpc = off
WS0000

以上です。
ここまでやって、通常通りにインストールできるようになりました。

レンタルサーバー会社ごとに、こうして対処が変わってしまうというのは、意外と不満ですね。
それよりも、公式でなんか一言、注意でも欲しいですが、それも贅沢ってものでしょうかね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください