EC-CUBEの小技:商品一覧ページにサブ画像を表示【Ver.2.11.5】

商品一覧ページとは、ECサイトで一番、利用されるページだと思います。
常連ともなればなおさらで、商品詳細を見なくても、だいたいの予測はつきますし、高価でないものならなおさら、ぽいぽいとカゴに放り込んでくれることもあります。

漫画の立ち読みみたいなもので、これで済ませられるなら済ませたいという気持ちと、ここからさらに踏み込んで思案したいという気持ち、でしょうか。

一覧ページの充実は、買い物の速度を上げることになり、ひいては客単価のアップにつながるのではないか、と考えています。

今回やりますのは、その充実の一役買う技術で御座います。

2ファイル変更

参考記述:[EC-CUBE 2.11.4] 商品一覧ページに商品サブ画像を表示したい | NAKWEB × EC-CUBE

/data/class_extends/SC_Product_Ex.php
28行目付近を以下に書き換え。
class SC_Product_Ex extends SC_Product {

    function lists(&$objQuery) {
        $col = <<< __EOS__
             product_id
            ,product_code_min
            ,product_code_max
            ,name
            ,comment1
            ,comment2
            ,comment3
            ,main_list_comment
            ,main_image
            ,main_list_image
            ,price01_min
            ,price01_max
            ,price02_min
            ,price02_max
            ,stock_min
            ,stock_max
            ,stock_unlimited_min
            ,stock_unlimited_max
            ,deliv_date_id
            ,status
            ,del_flg
            ,update_date
            ,sub_title1
            ,sub_image1
            ,sub_title2
            ,sub_image2
            ,sub_title3
            ,sub_image3
            ,sub_title4
            ,sub_image4
            ,sub_title5
            ,sub_image5
__EOS__;
        $where = 'dtb_products_class.del_flg = 0';
        $res = $objQuery->select($col, $this->alldtlSQL($where));
        return $res;
    }

}

/data/Smarty/templates/default/products/list.tpl
205行目付近に以下を追加。
<!--{* サブ画像 *}-->
<!--{section name=cnt loop=$smarty.const.PRODUCTSUB_MAX}-->
    <!--{assign var=key1 value="sub_title`$smarty.section.cnt.iteration`"}-->
    <!--{assign var=key2 value="sub_image`$smarty.section.cnt.iteration`"}-->
    <!--{if $arrProduct.$key2 != ''}-->
        <img src="<!--{$smarty.const.ROOT_URLPATH}-->resize_image.php?image=<!--{$arrProduct.$key2|h|nl2br}-->&amp;width=80&amp;height=80" alt="<!--{$arrProduct.$key1|h}-->" />
    <!--{/if}-->
<!--{/section}-->

以上です。

今回の題名に【Ver.2.11.5】をつけたのは、この技術が2.11.1と2.11.2では使えないらしいからです。
ひとまず、最新版である、2.11.5には使えるという事で。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*