EC-CUBEの帳票をサイト運営の実戦向きにカスタマイズ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
ECサイトでは、商品を購入されると、商品と一緒に帳票という購入証明書のようなものを送ります。

この帳票、絶対にほしいという人と、別に要らないという人が分かれます。
9割の人はいらないんでしょうけど。

しかし、念のため送るわけです。
販売サイトによっては丁寧に封筒に入れてくれたりもします。

それらは、確実にゴミ箱行きですが、やはり入れなければならないものなのです。

100人購入すれば、帳票が100枚。
1000人が購入すれば、1000枚。
1000人が一人2枚分購入すれば、2000枚。
塵も積もれば経営逼迫も起こりうるという話です。

さらに、ECCUBEの帳票は、ほしい情報がなくて、無駄なスペースばかりを使っている印象があります。
常に必要になるものなので、使いやすく、無駄を省くカスタマイズになればと紹介を始めます。

用紙サイズから考える。

ECCUBEでは、帳票のサイズはA4設定で作られています。

これは、印刷ボタンを設定なしで押していくとA4で印刷されてしまうという設定です。
僕はどうしてもA5で行きたかったのですが、調べてもいまいちやり方がわかりません。

そこで、いつも印刷時にA5への縮小印刷の設定をするわけです。
この無駄な動作に腹立たしさを感じます。

いつも思いますが、このサイトは、実務的な問題は消化させてくれないことが多いです。
不満はいくらでもあるのですがね、それはいずれ。

しかし、なぜA5なのか。
A4の方が大きくて見やすいのではないか。

これ、見易さは関係ありません。
欲しい人ははがきサイズぐらい小さくても必要とあらば見ますし
欲しくない人は、大きければ大きいほど、このゴミへの不満を持ちます。

だから、A5なわけです。
意地悪して小さすぎても意味はないですし。

しかし、事前にA5設定にしておきたいところです。
また勉強しておきます。

ECCUBE初期状態の帳票

まず、インストールした状態、いわゆるデフォルトのままの帳票に載っている情報を以下に書き出します。

<購入者情報>
購入者の郵便番号・住所・名前

<販売者情報>
販売サイトのサイト名・URL・会社名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス

<購入商品情報>
総合計金額
ご注文日
注文番号
購入商品名/コード/規格・数量・単価・金額(税込み)
商品合計・送料・手数料・値引き・請求金額・利用ポイント・加算ポイント

<その他>
備考

こんな感じですね。
要らない情報が沢山あり、必要な情報がまったく足りない。

使ってみてはじめてわかる、この惨さです。

帳票の改善案

いちいち訂正してられないので、僕が今、ベストだと思う状態の帳票を載せます。

右側がカスタマイズ後のものなのです。
絶対的な自信はありませんが、使いやすいです。
最低限必要な情報は載せてあるはずです。

上から順に、多少は説明します。
スペースを異常に嫌っているのは、ちょっと商品数を多く買われたぐらいで、帳票が2枚目に行ってしまうからです。
これが結構無駄になるので直しました。

ロゴを削除したのは、そこまで帳票の事を細かく見てないし、カラー印刷になるのを嫌ったからです。
白黒とカラーでは、経費が違いすぎますよね。

デフォルトだと、購入者情報しか載ってません。
誤発送の原因となります。
事実、しました。
なので、購入者情報は名前だけ、お届け先情報を中身しっかりと中段に載せてます。

支払い方法、お届け希望時間、載ってません。
使ってる人間からすれば、結構重要って話です。

その他お問い合わせを中段下部に追加。
客にみられるので、【お客様のご要望】と書き換えました。

購入商品ブロック
ここは表示位置を変化したり、ブロックの上下幅を変えたり色々と出来ます。
フォントサイズも以前は変えてましたが、小さすぎたのでデフォルトにしてます。

商品合計数を追加したのは、発送前の確認の為です。
合計数を確認しないと、発送ミスが尽きません。

修正前の下部には<備考>とありますが、特に何も情報を引っ張ってくれません。
ECCUBE側がほったらかしなのか、よくわからないので、ここは削除です。

下は空白であけてあります。
空白でバランスが悪いからって気にしません。
必要なのは情報のみです。
見た目だけ気にする人間は、そもそも帳票なんぞ見ません。

帳票カスタマイズ 下地PDF修正

まず、下地のpdfの場所を知りましょう。以下。
/data/Smarty/templates/admin/pdf/nouhinsyo1.pdf

これをまず、修正しなければなりません。
なぜなら、この下地が大半のレイアウトを決めてしまっているからです。

ちなみに、何も文字の入ってない状態のPDFは以下。
デフォルト帳票PDF

というわけです。
無駄な四角があったり、低すぎる位置に総合計金額があったりと、嫌なものです。
画像修整ソフトや、イラストレーターなんかでも修正できたはずです。

思う通りの配置へ変更。
僕の変更したPDFは以下。
カスタム済み帳票PDF

便利そうであれば、右クリックでダウンロードして使って下さい。

帳票カスタマイズ PHPコード修正

次にPHPファイルのコード修正です。
修正ファイルの場所は以下。
/data/class/SC_Fpdf.php

<?php
require(DATA_REALDIR . 'module/fpdf/fpdf.php');
require(DATA_REALDIR . 'module/fpdi/japanese.php');
define('PDF_TEMPLATE_REALDIR', TEMPLATE_ADMIN_REALDIR . 'pdf/');

class SC_Fpdf {
    function SC_Fpdf($download, $title, $tpl_pdf = 'nouhinsyo1.pdf') {
        // デフォルトの設定
        $this->tpl_pdf = PDF_TEMPLATE_REALDIR . $tpl_pdf;  // テンプレートファイル
        $this->pdf_download = $download;      // PDFのダウンロード形式(0:表示、1:ダウンロード)
        $this->tpl_title = $title;
        $this->tpl_dispmode = 'real';      // 表示モード
        $masterData = new SC_DB_MasterData_Ex();
        $this->arrPref = $masterData->getMasterData('mtb_pref');
        $this->width_cell = array(115.3,12,21.7,22.5);

        $this->label_cell[] = $this->lfConvSjis("商品名 / 商品コード / [ 規格 ]");
        $this->label_cell[] = $this->lfConvSjis("数量");
        $this->label_cell[] = $this->lfConvSjis("単価");
        $this->label_cell[] = $this->lfConvSjis("金額(税込)");

        $this->arrMessage = array(
            'このたびはお買上げいただきありがとうございます。',
            '下記の内容にて納品させていただきます。',
            'ご確認くださいますよう、お願いいたします。'
        );

        $this->pdf  = new PDF_Japanese();

        // SJISフォント
        $this->pdf->AddSJISFont();
        $this->pdf->SetFont('SJIS');

        //ページ総数取得
        $this->pdf->AliasNbPages();

        // マージン設定
        $this->pdf->SetMargins(15, 20);

        // PDFを読み込んでページ数を取得
        $pageno = $this->pdf->setSourceFile($this->tpl_pdf);
    }

    function setData($arrData) {
        $this->arrData = $arrData;

        // ページ番号よりIDを取得
        $tplidx = $this->pdf->ImportPage(1);

        // ページを追加(新規)
        $this->pdf->AddPage();

        //表示倍率(100%)
        $this->pdf->SetDisplayMode($this->tpl_dispmode);

        if (SC_Utils_Ex::sfIsInt($arrData['order_id'])) {
            $this->disp_mode = true;
            $order_id = $arrData['order_id'];
        }

        // テンプレート内容の位置、幅を調整 ※useTemplateに引数を与えなければ100%表示がデフォルト
        $this->pdf->useTemplate($tplidx);

        $this->setShopData();
        $this->setMessageData();
        $this->setOrderData();
        $this->setEtcData();

    }

    function setShopData() {
        // ショップ情報

        $objDb = new SC_Helper_DB_Ex();
        $arrInfo = $objDb->sfGetBasisData();

        $this->lfText(125, 15, $arrInfo['shop_name'], 8, 'B');          //ショップ名
        $this->lfText(125, 18, $arrInfo['law_url'], 8);          //URL
        $this->lfText(125, 23, $arrInfo['law_company'], 8);        //会社名
        $text = "〒 ".$arrInfo['law_zip01']." - ".$arrInfo['law_zip02'];
        $this->lfText(125, 26, $text, 8);  //郵便番号
        $text = $this->arrPref[$arrInfo['law_pref']].$arrInfo['law_addr01'];
        $this->lfText(125, 29, $text, 8);  //都道府県+住所1
        $this->lfText(125, 32, $arrInfo['law_addr02'], 8);          //住所2

        $text = "TEL: ".$arrInfo['law_tel01']."-".$arrInfo['law_tel02']."-".$arrInfo['law_tel03'];
        //FAX番号が存在する場合、表示する
        if (strlen($arrInfo['law_fax01']) > 0) {
            $text .= " FAX: ".$arrInfo['law_fax01']."-".$arrInfo['law_fax02']."-".$arrInfo['law_fax03'];
        }
        $this->lfText(125, 36, $text, 8);  //TEL・FAX

        if ( strlen($arrInfo['law_email']) > 0 ) {
            $text = "Email: ".$arrInfo['law_email'];
            $this->lfText(125, 39, $text, 8);      //Email
        }

        //ロゴ画像
//        $logo_file = PDF_TEMPLATE_REALDIR . 'logo.png';
//        $this->pdf->Image($logo_file, 124, 46, 40);
    }

    function setMessageData() {
        // メッセージ
        $this->lfText(23, 35, $this->arrData['msg1'], 9);  //メッセージ1
        $this->lfText(23, 39, $this->arrData['msg2'], 9);  //メッセージ2
        $this->lfText(23, 43, $this->arrData['msg3'], 9);  //メッセージ3
        $text = "作成日: ".$this->arrData['year']."年".$this->arrData['month']."月".$this->arrData['day']."日";
        $this->lfText(130, 288, $text, 8);  //作成日
    }

    function setOrderData() {
        // DBから受注情報を読み込む
        $this->lfGetOrderData($this->arrData['order_id']);

		//納品書タイトル
        $this->pdf->SetFont('', 'B', 10);
        $this->pdf->Cell(0, -15, $this->lfConvSjis($this->tpl_title), 0, 2, 'a', 0, '');  //文書タイトル(納品書・請求書)
        $this->pdf->Cell(0, 45, '', 0, 2, 'R', 0, '');
        $this->pdf->Cell(5, 0, '', 0, 0, 'R', 0, '');


        // 購入者情報
        $text = $this->arrDisp['order_kana01']." ".$this->arrDisp['order_kana02'];
        $this->lfText(18, 20, $text, 8); //購入者フリガナ(会社名)
        $text = $this->arrDisp['order_name01']." ".$this->arrDisp['order_name02']." 様";
        $this->lfText(18, 25, $text, 10); //購入者氏名



        // お届け先情報
        $this->pdf->SetFontSize(10);
//        $this->lfText(25, 94, SC_Utils_Ex::sfDispDBDate($this->arrDisp['create_date']), 10); //ご注文日
//        $this->lfText(25, 135, $this->arrDisp['order_id'], 10); //注文番号

       // 届先情報 <ここから>
       $objShip = new SC_Helper_Purchase_Ex();
       $this->arrShip = $objShip->getShippings($this->arrDisp['order_id']);
             
       $y = 76; // お届け先開始y軸位置
       
       $count = count($this->arrShip);
       $i = 0; // 配列のindex
       $j = 0; // 届け先取り出し数

       do {
           if ($j == $count) {
               break;
           }
           if ($this->arrShip[$i]['shipping_id'] != "") {
               $y += $j * 4 * 3; // 届け先 * 高さ * 要素数


               $y += 4;
               $text = "〒". $this->arrShip[$i]['shipping_zip01']. "-" . $this->arrShip[$i]['shipping_zip02'];
               $this->lfText(20, $y, $text, 9);


               $y += 4;
               $text = $this->arrShip[$i]['shipping_addr01'].$this->arrShip[$i]['shipping_addr02'];
               $this->lfText(20, $y, $text, 9);

               $y += 4;
		       $text = "TEL:" . $this->arrShip[$i]['shipping_tel01']. "-" . $this->arrShip[$i]['shipping_tel02']. "-" . $this->arrShip[$i]['shipping_tel03'];
               $this->lfText(20, $y+1, $text, 11);

 			   $y += 4;
               $text = $this->arrShip[$i]['shipping_name01']. " " .$this->arrShip[$i]['shipping_name02'] . " 様";
               $this->lfText(20, $y+2, $text, 9);

 			   $y += 4;
	   		   $text = "【お届け時間】:".$this->arrShip[$i]['shipping_time'] ." " .substr($this->arrShip[$i]["shipping_date"],5,2) . "/" . substr($this->arrShip[$i]["shipping_date"],8,2);
               $this->lfText(130, 90, $text, 9);

               
               $j += 1;
	           }
	                      
           $i += 1;
       } while (true);
       // <ここまで>

	    $text = "【ご注文日】:".SC_Utils_Ex::sfDispDBDate($this->arrDisp['create_date']);
	    $this->lfText(130, 75, $text, 9); //ご注文日

        $text = "【注文番号】:".$this->arrDisp['order_id'];
        $this->lfText(130, 80, $text, 9); //注文番号
		
        $text = "【支払方法】:".$this->arrDisp['payment_method'];
        $this->lfText(130, 85, $text, 9); //お支払方法

		$text = "【お客様のご要望】:".$this->arrDisp['message'];
		$size=65;
		for($i=0;$i<=mb_strlen($text,"utf-8")/$size;$i++){$result=mb_substr($text,$i*$size,$size,"utf-8")."\r\n";
		$this->lfText(15, 100+($i*3), $result, 8); 		
}
        $text =$this->arrDisp['note'];
		$size=65;
		for($i=0;$i<=mb_strlen($text,"utf-8")/$size;$i++){$result=mb_substr($text,$i*$size,$size,"utf-8")."\r\n";
		$this->lfText(15, 106+($i*3), $result, 8); 		
}



        $this->pdf->SetFont('', 'B', 15);
        $this->pdf->Cell(60, 10, $this->lfConvSjis(number_format($this->arrDisp['payment_total'])." 円"), 0, 2, 'R', 0, '');//総合金額
        $this->pdf->Cell(0, 50, '', 0, 2, '', 0, ''); //商品ブロックの位置情報

        $this->pdf->SetFontSize(8);

        $monetary_unit = $this->lfConvSjis("円");
        $point_unit = $this->lfConvSjis('Pt');
		$kosu = 0;


        // 購入商品情報
        for ($i = 0; $i < count($this->arrDisp['quantity']); $i++) {

            // 購入数量
            $data[0] = $this->arrDisp['quantity'][$i];
			$kosu = $kosu+$this->arrDisp['quantity'][$i];

            // 税込金額(単価)
            $data[1] = SC_Helper_DB_Ex::sfCalcIncTax($this->arrDisp['price'][$i]);

            // 小計(商品毎)
            $data[2] = $data[0] * $data[1];

            $arrOrder[$i][0]  = $this->lfConvSjis($this->arrDisp['product_name'][$i]." / ");
            if ($this->arrDisp['classcategory_name1'][$i]) {
                $arrOrder[$i][0] .= $this->lfConvSjis(" [ ".$this->arrDisp['classcategory_name1'][$i]);
                if ($this->arrDisp['classcategory_name2'][$i] == "") {
                    $arrOrder[$i][0] .= " ]";
                } else {
                    $arrOrder[$i][0] .= $this->lfConvSjis(" * ".$this->arrDisp['classcategory_name2'][$i]." ]");
                }
            }
            $arrOrder[$i][1]  = number_format($data[0]);
            $arrOrder[$i][2]  = number_format($data[1]).$monetary_unit;
            $arrOrder[$i][3]  = number_format($data[2]).$monetary_unit;

        }

        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = "";
        $arrOrder[$i][2] = "";
        $arrOrder[$i][3] = "";

        $i++;
        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = $kosu;
        $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("商品合計");
        $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['subtotal']).$monetary_unit;

        $i++;
        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = "";
        $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("送料");
        $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['deliv_fee']).$monetary_unit;

        $i++;
        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = "";
        $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("手数料");
        $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['charge']).$monetary_unit;

        $i++;
        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = "";
        $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("値引き");
        $arrOrder[$i][3] = "- ".number_format(($this->arrDisp['use_point'] * POINT_VALUE) + $this->arrDisp['discount']).$monetary_unit;

        $i++;
        $arrOrder[$i][0] = "";
        $arrOrder[$i][1] = "";
        $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("請求金額");
        $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['payment_total']).$monetary_unit;

        // ポイント表記
        if ($this->arrData['disp_point'] && $this->arrDisp['customer_id']) {
            $i++;
            $arrOrder[$i][0] = "";
            $arrOrder[$i][1] = "";
            $arrOrder[$i][2] = "";
            $arrOrder[$i][3] = "";

            $i++;
            $arrOrder[$i][0] = "";
            $arrOrder[$i][1] = "";
            $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("利用ポイント");
            $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['use_point']).$point_unit;

            $i++;
            $arrOrder[$i][0] = "";
            $arrOrder[$i][1] = "";
            $arrOrder[$i][2] = $this->lfConvSjis("加算ポイント");
            $arrOrder[$i][3] = number_format($this->arrDisp['add_point']).$point_unit;
        }

        $this->pdf->FancyTable($this->label_cell, $arrOrder, $this->width_cell);
    }

    function setEtcData() {
/*        $this->pdf->Cell(0, 10, '', 0, 1, 'C', 0, '');
        $this->pdf->SetFontSize(9);
        $this->pdf->MultiCell(0, 6, $this->lfConvSjis("< 備 考 >"), 'T', 2, 'L', 0, '');  //備考
        $this->pdf->Ln();
        $this->pdf->SetFontSize(8);
       $this->pdf->MultiCell(0, 4, $this->lfConvSjis($this->arrData['etc1']."\n".$this->arrData['etc2']."\n".$this->arrData['etc3']), '', 2, 'L', 0, '');  //備考*/
    }

    function createPdf() {
        // PDFをブラウザに送信
        ob_clean();
        if ($this->pdf_download == 1) {
            if ($this->pdf->PageNo() == 1) {
                $filename = "nouhinsyo-No".$this->arrData['order_id'].".pdf";
            } else {
                $filename = "nouhinsyo.pdf";
            }
            $this->pdf->Output($this->lfConvSjis($filename), 'D');
        } else {
            $this->pdf->Output();
        }

        // 入力してPDFファイルを閉じる
        $this->pdf->Close();
    }

    // PDF_Japanese::Text へのパーサー
    function lfText($x, $y, $text, $size = 0, $style = '') {
        // 退避
        $bak_font_style = $this->pdf->FontStyle;
        $bak_font_size = $this->pdf->FontSizePt;

        $this->pdf->SetFont('', $style, $size);
        $this->pdf->Text($x, $y, $this->lfConvSjis($text));

        // 復元
        $this->pdf->SetFont('', $bak_font_style, $bak_font_size);
    }

    // 受注データの取得
    function lfGetOrderData($order_id) {
        if(SC_Utils_Ex::sfIsInt($order_id)) {
            // DBから受注情報を読み込む
            $objQuery = new SC_Query_Ex();
            $where = "order_id = ?";
            $arrRet = $objQuery->select("*", "dtb_order", $where, array($order_id));
            $this->arrDisp = $arrRet[0];
            list($point) = SC_Helper_Customer_Ex::sfGetCustomerPoint($order_id, $arrRet[0]['use_point'], $arrRet[0]['add_point']);
            $this->arrDisp['point'] = $point;

            // 受注詳細データの取得
            $arrRet = $this->lfGetOrderDetail($order_id);
            $arrRet = SC_Utils_Ex::sfSwapArray($arrRet);
            $this->arrDisp = array_merge($this->arrDisp, $arrRet);

            // その他支払い情報を表示
            if($this->arrDisp["memo02"] != "") $this->arrDisp["payment_info"] = unserialize($this->arrDisp["memo02"]);
            $this->arrDisp["payment_type"] = "お支払い";
        }
    }

    // 受注詳細データの取得
    function lfGetOrderDetail($order_id) {
        $objQuery = new SC_Query_Ex();
        $col = "product_id, product_class_id, product_code, product_name, classcategory_name1, classcategory_name2, price, quantity, point_rate";
        $where = "order_id = ?";
        $objQuery->setOrder("order_detail_id");
        $arrRet = $objQuery->select($col, "dtb_order_detail", $where, array($order_id));
        return $arrRet;
    }

    // 文字コードSJIS変換 -> japanese.phpで使用出来る文字コードはSJIS-winのみ
    function lfConvSjis($conv_str) {
        return mb_convert_encoding($conv_str, "SJIS-win", CHAR_CODE);
    }

}
?>

説明はしません。
自分自身、そこいらじゅうからコピーして引っ張ってきたものなので、なんとなくしかわかっていません。

それでも、形にはなっているかと思います。
あとは数値の変更をして、レイアウトを変えるぐらいです。

総括

帳票というのは使ってみなければ、修正の方向は見えてきません。

だから、ECCUBE側もどう修正すべきかわからないで放置しているのだと思います。
結局、ECサイトを運営して、物を売って、発送し続けてやっと改善を考えるぐらい遠い場所という事です。

だからという訳ではないですが、『ECCUBE帳票カスタマイズ』で検索しても、それほど詳しい情報が得られません。
そりゃ、本人は使ってないわけですから、カスタマイズしようもないですわな。

そういうわけで、僕がやったカスタムも人によっては使いにくい部分は必ずあるでしょう。
使い倒して、不満に思って、自分のよりよい形を見つけ出して下さい。

以上でした。

3 Comments

  1. とてもわかりやすく丁寧な解説に感動しております!
    まったくの素人なのですが、ECCUBE帳票カスタマイズでPHPコード修正を丸コピーして
    アップしたところエラーが出てしまいました。
    この内容で作成するをクリックするとエラーが発生しました、と出ました。
    素人のミスでカスタム前のSC_Fpdf.phpを保存しておらず、帳票が出せない状況です。
    ECCUBEのバージョンは、2.13.2です。
    可能でしたらご教示いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

      • ありがとうございます!
        ひとまず元通りにはなりました。助かります。
        管理人様の納品書が理想ですが、デフォルトでは使用できないので今はコピペで我慢しております。
        ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください