EC-CUBEユーザーカンファレンス2015に参加して思うこと

新年あけましておめでとうございます。
しばらく投稿が滞っておりましたが、珍しいことに、EC-CUBEユーザーカンファレンス2015に参加してしまったので、ついでにこれの感想を書こうと思い、記事にしました。
どういうことが行われたかというのは、他であがっているので、あくまで個人的な感想だけを書きました。

多少の参考になれば、幸いです。

カンファレンスに参加した経緯

実際、自分はこういった集まりに行くのは初めてでした。

数年前まではかなりECCUBEにお世話になっていたこともあり、現在の状況を知るうえで、行ってみたいと思った次第でした。

客観的に見て、ECCUBEの未来というのはそれほど明るいものではないでしょう。
無料のECサービス、アプリなども出ており、手間のかかるECCUBEの導入というのは、敬遠されていく可能性が高いからです。

そういったこともあり、どのような展望なのか、カンファレンスには人が集まるほど話題性は尽きてないのか。
それが知りたくて、行ったというのが本当のところです。

で、行ってみて思ったことを以下に羅列します。

名札と自分のステータスシール

特に写真は撮っていないので説明しづらいのですが、受付で名札用の紙と名札入れを受け取り、それに「自分を簡単に説明するアイコンシールを張ってください」という指示を受けました。

この名札入れというのはよくある透明のクリアケースのようなものです。
これに、名刺とシールを張った紙を入れるというものですが、少し面倒を感じました。

経験者ならば、すぐにわかるのでしょうが、初めて言った自分にはわかりづらく、受付横でシールを貼るというのも手狭な感じが嫌で、シールを一枚だけ貼るというところでやめてしまいました。
なんとなくの遊び心なのでしょうが、シールを1シートずつ配るという風にはならなかったのか、と思ってしまいます。

シールを貼るのに順番待ちというのもいやですし、後ろが詰まっていれば、ゆっくりと選ぶ余裕もない。
遊ばせ方に投槍を感じてしまい、出鼻をくじかれた思いがしました。


講演のばたつき

講演内容としてはよくあるもので、それなりに興味があるものもあれば、文字で読めば十分というものまで、様々でした。

そこは別に良かったのですが、3者の講演があり、それぞれが始まりの段階でプロジェクタとノートPCの接続に手間取っているのに不甲斐なさを感じました。
リハーサルをしていないのかな、と。
一人目で失敗しているのならば、それと同じ失敗はしない、させないように配慮しないのか、と。
こういったカンファレンスは初めてなので、どこもこうだと困りますが、こういうのを見てしまうと、聴衆が軽んじられている気がし、次回から足が遠のく原因にもなりかねませんな、と。


プログラムの構成

講演があり、立食パーティーへ。
皆が飲み物を持ち、これから乾杯へというところで、ECCUBEの今後の展望が発表されました。

内容としてはこの日、一番興味深いものだっただけに、立ち話として聞くよりも、一番最初に聞かせてほしかった感があります。
酒や食べ物を前にして、「早く乾杯しないかな」という心持になってからでは、ああいった話はもったいない気がしますね。


展望に朗報有り

それでも、前述の発表されたECCUBEの展望というものは興味深いものが多かったです。

特に、運営者管理画面の刷新。
こちらはブートストラップを利用し、レスポンシブレイアウトとして、メニューの内容から、かなり見直されているようで、使い勝手はよさそうでした。

その他でいうと、プラグインとモジュールの統合。
こちらは、よくわからない分類わけだったものなので、一つにまとめて、検索しやすいようにしてもらえると、利用率が上がりそうです。


思うところ、やはり目指すところはWordpressなのかな、と。
管理画面の見た目やら、プラグインの利用率を高めたいという意思も含め、明確な目標として、Wordpressのような利便性と手軽さを目指しているのだな、と思いました。
確かに、世界展開となれば、皆が使い慣れているWordpressに使い勝手が似ていた方が、浸透も早いでしょうしね。

この点は、否定的な感情は持たず、素直に良い発展だと思いました。


営業のための親睦パーティ

多分、参加者にとってここがメインという人が多かったでしょう。
講演の時よりも明らかに人が増えていました。

様々な業種の方がいて、会話してて面白かったです。
クレジット決済会社、制作会社、WEBセキュリティ会社、運輸会社など、ECサイトには必須ともいえる業種の方々がいました。

一度はこういった場所を体験することをお勧めします。
自分がどれだけ人見知りするのかを再認識できましたし。

総括

最後に感想を言うと、あまり良い印象は持たなかったというところです。

想像していたよりもふわっとした作りといいますか。
何度もこういった会を繰り返してきた結果、ここに落ち着いたんだろうな、と思った次第です。

なんであれ、慣れというのは怖いものですね。
自分に当てはめて、反省するきっかけを持てたのは、不幸中の幸いですな。

以上です。
辛辣に好き勝手に書きましたが、単なる一個人の感想ということで、ご容赦いただきたい。


※カンファレンスの内容はこの記事に詳しくあります。
EC-CUBEユーザーカンファレンス2015【ECのミカタ】[1]

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*