挫折していたEC-CUBEのインストールを克服【Ver2.12.3】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
屈辱の昨年、挫折していたECCUBEのインストールの克服に成功いたしました。



挫折の模様は以下を参考にしてください。

最新版EC-CUBE Ver2.12インストールを挫折



問題の起こるサーバーは、以下の二つ。

・ドメインキングのMプラン(プランは関係なく起こる可能性あり)

・さくらインターネットの専用サーバ ベーシック DualCore Xeon (10-12)




どちらも聞きなれないサーバかもしれませんが、今後の参考のためにも書き記します。

結局は、パーミッションエラーだったという事実

僕が無知だったと言ってしまえばそこまでですが、パーミッションが問題だったわけで、それに対する処置が見つからなかったわけです。
しかしながら、ちょっと調べてみると、案外簡単な処置が見つかりました。

というわけで、ECCUBEをFTPソフトでアップロードする直前まで前回の挫折版を参考に進めてください。

では、正解を手順を追って行きます。

1.FTPアップロードはFFFTPを用意します。
2.メニューのオプションを選択。
3.オプションメニューの転送3をクリック。
4.アップロードするファイルの属性という枠にある、追加ボタンをクリック。
5.以下の画像を参考に次の9種類分のファイルのデフォルト属性を全て606に設定。

*.css
*.jpg
*.php
*.gif
*.ico
*.png
*.html
*.tpl
*.js

WS000000

といった具合です。
この設定が完了したら、ファイルをアップロードしましょう。

他のレンタルサーバーと同じような状態でインストール手順を踏んでいけることでしょう。

総括

驚くほどあっけないですが、こんなもんです。
結局、ディレクトリの属性をアップロード時に引き継ぐとかなんとかというのが、問題だったらしいです。

サーバー会社によっては、こういうのが当たり前だったりするので、こういった問題の対処法は身につけておくとあとで楽になるでしょう。

以上でした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください