EC-CUBE 本会員登録案内のメール件名変更

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
ECCUBEでは、会員登録をすると、自動的に本会員登録認証メールが送られてきます。
メール内のURLをクリックすると、登録完了というやつです。

機能としては便利なようで、デフォルトのままだと客側が気づかない場合が多々あるわけです。

ちなみに、初期状態だと『【店名】会員登録のご確認』というもので、PCに詳しくない人はスルーします。
慣れている人でも、「登録内容の確認メールなら、見る必要がないだろう」とスルーしたりもするでしょう。
何かと運営側としてはよくないわけで、いじってみようということになりました。

会員登録時の自動送信メールの件名変更

/data/class/pages/entry/LC_Page_Entry.php 212行目あたり

// 仮会員が有効の場合
if(CUSTOMER_CONFIRM_MAIL == true) {
$subject = $objHelperMail->sfMakeSubject('本メールより会員登録をお済ませ下さい');
$toCustomerMail = $objMailText->fetch("mail_templates/customer_mail.tpl");
} else {
$subject = $objHelperMail->sfMakeSubject('会員登録が完了致しました');
$toCustomerMail = $objMailText->fetch("mail_templates/customer_regist_mail.tpl");
}

簡単に入れ替えるなら、上記の赤文字日本語の部分のような感じでしょうか。
なんとか本会員になってもらわないと買い物もされるわけがないですし、高い宣伝費を払っている意味もありません。
アクセスされる=来客とは違うと考えても良いのではないでしょうか。

仮登録メール再送の件名変更

実は、最初の一通目がスルーされても、二度三度と追い打ちはかけられます。
ので、こちらの方も書き換えてしまいましょう。

/data/class/helper/SC_Helper_Mail.php 295行目あたり

// 仮会員が有効の場合
if(CUSTOMER_CONFIRM_MAIL == true and $arrCustomerData['status'] == 1) {
$subject        = $objHelperMail->sfMakeSubject('会員登録が完了しておりません。本メールより手続きをお済ませください', $objMailText);
$toCustomerMail = $objMailText->fetch("mail_templates/customer_mail.tpl");
   } else {
     $subject        = $objHelperMail->sfMakeSubject('会員登録が完了致しました', $objMailText);
     $toCustomerMail = $objMailText->fetch("mail_templates/customer_regist_mail.tpl");
      }

二度目という事で、言い回しを変えてみたり。
せっかく掴みかけた客は、なんとしてでも欲しいところなので、ここは何度も取り換えてみるのがよいでしょう。

会員登録を申し込むという事は、個人情報を店側にさらしてしまっているので、もはや冷やかしという事はありません。
買う意思があっての登録ですから、これを仮登録で埋もれさせる事のないよう、気をつけていきたいものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください