EC-CUBE2.12のプラグインを使った上で評価する その1

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
EC-CUBEの新バージョン、2.12.0が発表されましてから、もう早、半月。
その尖兵となるべく、追加されたプラグイン。
しかしながら、半月もすればそれなりに触りますし、足らない部分や、不具合が出始める事でしょう。

僕自身、新規サイトでプラグインが使えると喜び勇んでましたが、どうにもこうにも悲喜交々という形となりました。
というわけで、自分がインストールしたプラグインを、勝手に評価させていただきます。

現在現役中プラグイン

まだ、サイトが完成したわけではないので、現役とも言い難いですが、それでも外す必要はなさそうだ、というものを以下に。

ajaxzip3連携

今まで面倒であった、郵便番号の登録であり、郵便番号DBの最新化作業をしなくてもいいというものです。

最近、いつのまにやら住所が何区に合併されたりとかあり、クロネコB2に住所を入れても弾かれたりし、いちいち手作業でやるのは面倒だ、と考えていたので、とてもよいプラグインです。
ただし、他のプラグインの競合するらしく、どっちを取るかでこちらをとりましたが、本来、どっちも使えて当たり前なんですよねって話です。

売れている商品ブロック追加プラグイン

これは、皆が欲しがっていたようなものですよね。
数年前までは、この機能をつけるのに3マンとか5マンを払っていたらしいです。
時代の変化とは恐ろしいですね。

入れるからにはデザインの変更が必須なわけですが、クラス名が全て同じなので、そこをいじらなければ、ランキングの数字とか、背景画像で挿入できませんねって話なので、今一歩ですよね。
あと、せめて5位か10位をプラグイン設定でいじれるようにしてほしかったですね。

ひとまず、隙間があいてるなら、入れてみてはどうでしょう。

パンクズプラグイン

これも便利ですね。
今となっては、ないといけないぐらいのものなので、みんな入れている事でしょう。

ただ、設置する先が、商品詳細と商品一覧ページのみです。
それ以外は対応しておりませんね。
面倒なので、全てのページに適応したら、ぐずぐずでした。

パンくずリストって、そういうものなんですかね。

最近購入された商品ブロック追加プラグイン

こちら、一番最近、このお店で売れたものは?というのを表示するプラグイン。
売れ筋というか、活きのいい商品が手に取るようにわかるようになりそうな。

ちなみに、何故か購入者の地域が表示されます。
必要なのか、どうなのか。
そこだけですね、ひっかかったのは。

隙間次第では、これで埋めましょう。

商品ステータスCSS化

なんとなく、なんとなくなだけ便利な、プラグイン。
画像だったステータスが、自動的にテキスト化され、CSSで装飾を施されます。

デフォルトのステータスのままなぐらいなら、こっちにした方がいいでしょうね。
ステータス名の変更って意外と多いですし、その度に画像作り直したくないですし。

ふわっと、便利です。

総括

ひとまず、5つ紹介しました。

文句ばかり言ってますが、助かってます。
これが無料なんですか?って言えなくもないラインの、絶妙なプラグインばかりです。

ちょっとした改善点を期待して、今後も使い続けようと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください