EC-CUBEの小技:商品一覧ページの表示件数の変更方法と端末ごとの振り分け

今日、業務をしていまして、ふとわからなくなってしまい、探すのに手間取ったため、これはメモとして残しておこうという事になりました。

デフォルトでは、15件ですね。
横に商品を並べ、1列4件とした場合、4の倍数の表示件数にしたいでしょう。

そうした場合の例として以下をご紹介。

管理画面をいじるだけ

管理画面ログイン>システム設定>マスターデータ管理>PRODUCTS_LIST_MAX
以下の画像参照。
WS0001

ID:の部分には表示したい件数を。
値:の方には、表示形式(20件でなくて、20商品という表示も可能)を。

左側のIDが、まさか件数を示唆するとは思っていなくて、調べなおしたりして、時間がかかってしまいました。
左と右の数字は同じにしましょう。

スマートフォン、携帯サイトの表示件数変更

PC版をメインに考えると、レイアウト上、表示件数が多くなりがちです。

表示件数が増えると、表示に時間がかかり、嫌がられるサイトになってしまいます。

そこで、PCとそれ以外で、表示件数を変えましょう。
/ec/data/class/pages/products/LC_Page_Products_List.php
354行目付近を以下に書き換え
function lfGetDisplayNum($display_number) {
// 表示件数
if (SC_Display_Ex::detectDevice() == DEVICE_TYPE_PC) {
return (SC_Utils_Ex::sfIsInt($display_number))
? $display_number
: current(array_keys($this->arrPRODUCTLISTMAX));
}else{
return (SC_Utils_Ex::sfIsInt($display_number))
? $display_number
: $this->disp_number = 10;
}
}

以上です。
これのお陰で、PC版の表示件数は40件にしてあります。
この数もちょっと多すぎるのでしょうがね。

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*