EC-CUBEの会員登録項目をテキスト入力項目にカスタマイズ

2012/06/29 管理人 0

新規に増やさず、他を使い回す技術 ECCUBEではあまり使い道のない、無駄な項目があります。 それを細かく説明してるのが、以下の記事。 EC-CUBEの会員登録画面で客を逃がさない為のカスタマイズ こちらでは、性別、職業、生年月日の3つを槍玉に挙げてますね。 だもんで、わざわざ登録項目を新規に追加するより、この3つを変化させる方が、データベースとかあまりいじ […]

EC-CUBEの小技:会員登録に会社名の項目を追加

2012/06/29 管理人 0

ある項目を使って会社名項目に この登録項目ですが、追加する事も可能ですが、データベースの面倒があるわけで、いざという時に怖いものがあります。 簡素化してできるものなら、そちらの方が絶対的に安全なので、今回はあるものを作りかえるやり方でいきます。 必須項目の解除 一応、個人の間口も欲しいでしょうので、必須を解除しましょう。 /data/class/helper […]

EC-CUBE2.12のプラグインを使った上で評価する その2

2012/06/27 管理人 0

最近、使い道がわかってきた現役中プラグイン 今ならば、使いこなせそうだという事で、こちらを使っています。 Twitter つぶやきプラグイン お店の一挙手一投足がツイートとして反映される、プラグイン。 特に開店直後などは、どのような流れからでもいいので客が来てほしい時期でしょうから、こういうのは助かりますね。 ECサイトのくせに、ツイートが「昼飯なう」とか、 […]

EC-CUBEの疑問を検索時に覚えておくと便利な事

2012/06/22 管理人 0

バージョンは確実に記す 例えば、新着商品ブロックを作成したいとして、検索窓に以下の用に入れたとしましょう。 『eccube 新着商品の表示』 すると、以下の画像のような検索結果が。 バージョンが2.11.5の情報が転がっていますね。 人気のあるカスタマイズなので、色々な人が紹介しているという事です。 これは例えが悪かったとしか言えませんが、マイナーな疑問だと […]

EC-CUBE2.12のプラグインを使った上で評価する その1

2012/06/15 管理人 0

現在現役中プラグイン まだ、サイトが完成したわけではないので、現役とも言い難いですが、それでも外す必要はなさそうだ、というものを以下に。 ajaxzip3連携 今まで面倒であった、郵便番号の登録であり、郵便番号DBの最新化作業をしなくてもいいというものです。 最近、いつのまにやら住所が何区に合併されたりとかあり、クロネコB2に住所を入れても弾かれたりし、いち […]

Outlookで重複してメールを受け取ってしまう問題の解決

2012/06/12 管理人 0

仕訳ルールの処理を中止する、という一手 というわけで、順を追って説明します。 1.新しくアカウントを追加します。 2.そのアカウントの受信用フォルダを作成します。 3.ツール>仕訳ルールと通知>新しい仕訳ルールをクリック 4.新しい仕訳ルールを作成する>受信メール用に独自の仕訳ルールを作成するを選択>次へボタンをクリック 5.指定されたアカウントを経由した場 […]

EC-CUBEの小技:商品一覧ページの表示件数の変更方法と端末ごとの振り分け

2012/06/06 管理人 1

管理画面をいじるだけ 管理画面ログイン>システム設定>マスターデータ管理>PRODUCTS_LIST_MAX 以下の画像参照。 ID:の部分には表示したい件数を。 値:の方には、表示形式(20件でなくて、20商品という表示も可能)を。 左側のIDが、まさか件数を示唆するとは思っていなくて、調べなおしたりして、時間がかかってしまいました。 左と右の数字は同じに […]

EC-CUBEの最新版2.12.0と2.11.5の違いを考察

2012/06/04 管理人 0

デザイン面の変化 フロントデザイン 特に変わりはありませんね。 頻繁に変わっては、色々と不都合が出るのでしょうが、今回は変わって欲しかったと思ってしまいますね。 強いてあげるとすれば、ファビコンが標準装備された事でしょうかね。 しかし、以前から付いていた気もしますし、どうでしたっけ? 以下のディレクトリにあるので、画像を上書きして自分の思った通りのものに変え […]

最新版EC-CUBE Ver2.12インストールを挫折

2012/06/04 管理人 0

まずはダウンロードから ダウンロードの段階から、今までとは違うなということが、多々。 日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE / EC-CUBEダウンロード まず、ダウンロードには会員登録が必要でした。 有料のものではないので気にする事はありません。 今後は、プラグインなども会員のみの利用だと思われるので、ログイン情報は大事に取っておきましょう […]