初心者にもわかるCodeIgniter 其の一【設置と表示】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
PHPにはフレームワークというものがありまして、使ってみると実際、便利だなって思うところが多々ありまして。
ただ、初期設定に時間がかかるとか、面倒とかそんな気分で拒否感はあるわけで。
実際、やってみたらわかるというわけで、ご紹介。

ダウンロード

ダウンロードは以下。
CodeIgniter Web Framework
2016/6/2現在、バージョンは3.0.6

ダウンロードが完了したらファイルを展開しましょう

ファイルのアップロード

アップするファイルは以下のものを。
applicationフォルダ
sysytemフォルダ
index.php
license.txt

アップが完了したら、アップ先にアクセス。
以下の画像のような表示になります。

2016-06-02 (2)

初期設定

フレームワーク全般に言えますが、思った通りの動作を行うにはそれなりの設定が必要です。
後の事を考えて、整理しやすいもので構成しましょう。

controllers

コントローラーは、データのやり取りなんかをやるらしいです。
こういうのは言葉で説明してもあまり意味はないので、やってるうちにわかるでしょう。

まず、Welcome.phpというものがありますが、名前が気に入らないので変更します。
application/controllers/Welcome.php
を名前変更で
application/controllers/Top.php
に。

そして中身を修正。

<?php
defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');

class Top extends CI_Controller {
	public function index()
	{
		$this->load->view('index');
	}
}

views

こちらはテンプレートファイルというのでしょうか、HTMLを書いたらそのままでると思って構いません。

application/views/welcome_message.php
を名前変更で
application/views/index.php
に。

中身は何でもいいです。

Config-routes

ここが結構重要になります。
どのコントローラーのどの部分をどこのURLに充てるのか、という設定が必要です。

application/config/routes.php
を編集。

<?php
defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');

$route['default_controller'] = 'top'; //初期表示用コントローラー
$route['404_override'] = '';
$route['translate_uri_dashes'] = FALSE;
$route['(:any)'] = 'top/$1'; //Top.php内に書かれたpublic functionをすべてページとして許可する

上の書き方で小規模サイトであれば、ほぼなんとかなります。
規模が大きくなった場合の書き方はおいおいやります。

これで、ページの方にアクセスすると、application/views/index.php内に書かれた情報が表示されます。
welcomeといったファイル名が気になってしょうがなかったので、僕はいつもこれをやります。

下層ページのつくり方

CodeIgniter等のフレームワークでは、ページを増やすためにはいくつかやる事があります。
では、http://xxxxxx.net/sub/というページを追加します。

.htaccess

.htaccessの制御をします。
初期段階では、下層ページを作っても以下のようなURLじゃないと表示されません。
http://xxxxxx.net/index.php/sub

そこで、それを避けるために以下の.htaccessファイルを一番上の階層に設置してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteBase /
  RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
  RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
  RewriteRule ^(.*)$ index.php?/$1 [L]
</IfModule>

あまり、制御らしい制御はいれてません、適当にやってください。

controllers

コントローラーにpublic functionを追加。

application/controllers/Top.php

	public function sub()//URLの対象
	{
		$this->load->view('sub');//viewファイル名
	}

あとは、sub.phpのviewファイルを作成して完了です。

静的ページはこれの繰り返しで、完成させられます。

次回はviewファイルの便利な書き方などを解説します。
初心者にもわかるCodeIgniter 其の二【coreとviewsとlibraries】

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください